要注意?GoogleAdsenseの警告・その名はads.txt

こんにちわ!ぼらです!(@bora_sns)

今回は無事アドセンスの審査に通ったかと思えば要注意勧告が表示されていたので対処してみたよ。

GoogleAdsenseに申請したところ無事一発で通りました(‘ω’)アリガトウGoogle

と思ったら「要注意 – 収益に重大な影響が出ないよう、ads.txt ファイルの問題を修正してください。」といった表示。何のこっちゃと思いつつも調べて簡単に対応できたのでご紹介します!

ads.txtって何?

ざっくりいうと「不正や偽造を防止するためのツール」で偽のサイトでGoogle Adsenseが掲載されたりしないように、ads.txtを適切な場所に設置してアドセンスで認められたサイトと証明しようよ!

といったファイルみたいですね。

【1】ads.txtを用意

ads.txtに関するadsense上での注意勧告

まずは「ads.txtファイル」を用意しましょう。

先程の画像部分に「ダウンロード」があるのでクリックして落としちゃいましょう。ネットで調べると自作する方法もあるみたいですが、Adsense側で用意してくれてるのでダウンロードした方が確実で早いはず。

もし自作しないと気が済まない!という方は

↓↓↓

①テキストエディタで「ads.txt」という名前でファイルと新規作成。

②作成ファイルの内容は下記の1行のみ。

google.com, pub-★★★★★★★★★, DIRECT, f08c47fec0942fa0

★部分を自分のアドセンスのアカウントIDに変更。アカウントIDはアドセンスの管理画面・サイドメニューにある「アドセンス」から確認する事ができます。

③文字コードは「UTF-8N(BOMなし)」で保存。

これだけで「ads.txt」ファイル完成です。

【2】ads.txtをルートディレクトリにアップ

wordpressを使っている方は作成したファイルを「ルートディレクトリ」にアップしましょう!

ルートディレクトリは「wp-admin」「wp-content」「wp-includes」などがある階層の事です。レンタルサーバー上でアップしても良いし、FTPからアップでもOK!

【3】.htaccessファイルを修正

自分は①と②だけでOKかと思ったのですが、この状態でads.txtが正しく作成・配置されているかチェックできるツールがあり、ドメインを入力して確認してみると、、

“ISO-8859-1” は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。

と一向に消えてくれません;

少し調べてみるとどうやら「.htaccess」に少し追記してあげないといけないようです。 (.htaccessはルートディレクトリにあります)

早速エディタで「.htaccess」を開き下記のコードを追加しましょう!
追記する場所は # BEGIN WordPress より上です。

 

追加出来たら保存して、元あった場所にアップしましょう!
お疲れ様です。今回の対応は以上で完了です!

最後にチェックツールで確認

先ほどもちらっとご紹介したのですが、ads.txtが正しく作成・配置されて機能しているか確認できるチェックツールがあります。

https://fe.datasign.co/adstxt/

ここでads.txtをアップした自分のサイトのURLを入力するだけでチェックしてくれますよ! ①・②だけでは「“ISO-8859-1” は誤った文字コードです。utf-8で作成してください。」と表示されますが、③まで行う事で注意勧告は消えますのでご安心を。

まとめ

いかがだったでしょうか?
自身も初めて見た「ads.txt」ファイル問題ですが、あっという間に修正できました!

  • ads.txtファイルを用意(adsenseからDL or 自作(UTF-8N))
  • .htaccessファイルを修正・文字コード指定
  • アップする場所はルートディレクトリ
  • 最後にチェックツールで確認


これで注意勧告も消え安心してAdsenseが使えますね!