ライトなタイムループサスペンス映画「ハッピー・デス・デイ」

こんにちわ!ぼらです!(@bora_sns)

今年もあっという間に大晦日になりましたね。 新年あけましておめでとうございます。今年もまったりと宜しくお願いいたします。今日は映画「ハッピー・デス・デイ」の感想です。

前に気になっていた兎・赤ちゃんのお面みたいな被り物をしたパッケージのホラーものなんですが、最近タイムリーに知人にオススメされたのでつい今しがた鑑賞しました。最近仕事で忙しくて休みの日もゆっくり映画とか見れていなかったので映画が見れるだけで幸せを感じてしまいます(笑)なんて安い男なんだ。。

ホラージャンルになるのですが、作品全体を通して怖いって感じはほとんどなかったかなと、どちらかというとタイムループを利用して犯人にたどり着くために色々な可能性を模索するサスペンス的な要素が強かったです。ホラーが苦手な人でもこれは全然見れます!グロイシーンもほぼありません。

※映画に関してネタばれする部分もありますのでご注意ください。

あらすじ

誕生日に殺された主人公が目を覚ますと再びその日の朝に戻り、自分が殺される誕生日を何度も繰り返すことになる姿を描いた新感覚のタイムループホラー。「ゲット・アウト」「スプリット」「ハロウィン」などホラー、サスペンス作品を数々ヒットさせているプロデューサーのジェイソン・ブラムが製作。イケてる女子大生で遊んでばかりのツリーは、誕生日の朝も見知らぬ男のベッドで目を覚ます。慌しく日中のルーティンをこなした彼女は、夜になってパーティに繰り出す道すがら、マスク姿の殺人鬼に刺し殺されてしまう。しかし気がつくと、誕生日の朝に戻っており、再び見知らぬ男のベッドの中にいた。その後も同じ一日を何度も繰り返すツリーは、タイムループから抜け出すため、何度殺されても殺人鬼に立ち向かうが……。主演は「ラ・ラ・ランド」にも出演したジェシカ・ロース。監督は「パラノーマル・アクティビティ 呪いの印」のクリストファー・ランドン。

映画.COM
出展/dTV

映画予告

誰が私を何度も殺すの?同じ毎日を繰り返すタイムループ

題材的に超好み。

前評判を見ている段階ではちょっとB級よりなのかな?と思っていたのですがそんな事は全然ありませんでした!そもそもタイムループという設定が大好きな事もあり、最初から最後までタイムループ×サスペンスを楽しめました!タイムループものでは「バタフライ・エフェクト」や「プリデスティネーション」とかめちゃくちゃ秀逸ですよね!

ハッピー・デス・デイは「毎日殺されるタイムループ」という題材ではあるのですが全体的にライトな感じだったのでハラハラドキドキするというよりかは比較的シンプルではあるのですが謎解きの様な感覚で楽しむ事が出来ました。

カーターの部屋で目を覚ます所から悪夢の一日は始まり、その日の夜(18日・月曜日)に必ず殺され続けるという可哀そうなヒロイン・ツリー。一度目に殺害されてから改めて一日の行動・登場キャラとの絡みを見てみると結構恨まれてそうな状況じゃねーかと(笑)

苦しめられたタイムループを逆に利用して犯人を捜し始める

あらゆる方法で可能性を模索しようぜ

最初は同じ死を繰り返し悩み憔悴しきっていたツリーですが、ある時カーターに相談し「そのタイムループを逆に利用して犯人追い詰めちゃいなよyou♪」的なアドバイスを受けた事でタイムループを逆に利用して犯人を捜す決意をするツリー。
自分の誕生日を知っていて且つ自分を殺しそうな人物のリストを作成し(6人ぐらい名前上がったけどそこそこいるじゃねーか(笑)とツッコミ)毎回一人一人を監視・調査していくツリー。タイムループが起これば死は完全になかった事になるのかと思われていたのですが、倒れたツリーをレントゲン撮影したグレゴリー教授は、ツリーの肺には大きな損傷があり医学的には死んでいると同じと告げられます。

タイムループは全てをなかった事にしている訳ではなく、少しづつではありますが確実に可能所の体を蝕んでいました。 実際に死を繰り返すごとにツリーも見るからに疲弊していってましたしね汗うかうかもしていられない状況に陥ります。

真犯人は・・え?君なの?

き、貴様だったのか。。

そして物語も後半になりようやくたどり着いた連続殺人犯トゥームズ。タイムループを繰り返し対策を練りようやくトゥームズを殺害する事に成功し、部屋の同居人・ロリからプレゼントされた1カップケーキでカーターと共に誕生日を穏やかに過ごします。

連続殺人犯トゥームズを殺した事でタイムループは解けるはずだった。
しかし!!

翌朝目を覚ますとそこはいつもと同じ風景と同じやりとり。
見ていて自分も「ん?あれ?」 タイムループが起こる条件は自分が死んだ時。ツリーも状況が理解できず、もう打つ手がないと感じ、部屋に戻り「どこか遠くへ行く。」と焦って荷造りを始めます。そこでロリから1カップケーキを受け取った時に気づきます。

「寝ている間に死んだのね。。」
カーターと誕生日を祝った時に食べたケーキに入っていた毒が原因で死んでしまいタイムループが起こっていた事を認識するツリー。


ロリが想いを寄せていたグレゴリー教授が自分ではなくツリーに好意を寄せた事が許せなかったと怒り狂い取っ組み合いになるツリーとロリ。取っ組み合いの末にツリーは毒入りケーキを「てめーが食えぇええええええ!!」とロリの口に突っ込みます。狼狽えるロリ、その背後にはちょうど良く窓が迫っています(笑)

そして希望通りツリーがドロップキックをかましてロリは窓から転落。いつも音楽を聴いていた中国系の女の子の目の前に落下+死亡。

ようやく全てが終わったツリーとカーターは彼の部屋で過ごすように誘います。
次の日目を覚ますとそこはタイムループと同じ風景、大きく動揺したツリーでしたが、カーターの悪趣味な悪戯でした(笑)全部を知っているにも関わらず中々悪趣味な事してくれるじゃねーかカーターさんよー(笑)先中では終始好青年でした!

そしてラストはカーターの部屋のドアに貼ってあるあのステッカーにアップ。

今日は、残りの人生の最初の日

まとめ

気軽に楽しめたので1時間30分あっちゅーまだったぜ。タイムループものは良い!

いかがだったでしょうか?

個人的にはタイムループものはうまく扱える事ができるなら傑作になる確率が高い題材なんじゃないかなと思っています。今作も全部見終わってみるとシンプルでしたが、登場人物もほとんど10代の学生で若目、作品の雰囲気もライトだったのでかなり見やすく謎解きの様な感覚で楽しめました!

  • ヒロインツリーが可愛いくて表情がころころ変わって楽しい◎
  • 毎日誰かに殺されるタイムループもので犯人探しという設定が好き
  • ライトな学園サスペンス×謎解きの様なイメージ
  • 真犯人が意外でした(笑)

2もあるとの事なので是非とも続編が見たくなる作品でした。暇つぶし以上に面白かったです。新年一発目は当たりでした。