東京から福島へのUターン日記(1)~あっとういう間にあと2日~

こんにちわ!ぼらです!(@bora_sns)

今回から東京から福島へのUターンをする自身の日記のようなものも書いていこうと思います!第1回はあと東京にいる日も数日となった現在の心境!

9月に転職活動を集中的に行い、なんだかんだでとんとん拍子に転職内定が決まり、10月はUターンのための準備を少しづつ行っていました。

気づけばもう10月も最終日!普段から月日の経過が早く感じることが多いですが、今回はまさに時の流れが加速しているかのような速さで過ぎ去りました(笑)

今回から「東京から福島へのUターン日記」と題して記事というよりかは自身の日記のような感覚で感じる事・思う事を書きなぐっていきますよ!!

2019年9月・あれよあれよと決まった地元・福島へのUターン転職

全然決まらなかったのに、決まるときは決まるもんだな

2019年9月・あれよあれよと決まった地元・福島へのUターン転職

8月までは正直まだUターンできるとは全く思っていませんでした(笑)
したい気持ちは常にあったのですが、自分の条件に合わない、求人数が少ないなどの理由から中々実現に移すのは難しく実際はもっと先になるのものと思っていました。

ところが9月上旬にふとした事から地元や福島県内での求人を中心に探し始めてから約3週間弱で内定まで決まりました。自分自身驚いています(笑)

と言いますのもそれまでは東京で3ヵ月程IT企業へエンジニアとして転職するために転職活動をしていました。地方とは比べ物にならない数の求人があり、気になった企業には積極的に応募していたのですが、中々決まらず、あと一歩というところまで選考が進んだ事はあるのですが結局内定までは至らず。。

これだけ東京で応募して中々決まらないのに、地元で見つかるのか?俺(笑)

9月は内定をいただいた企業の他にも、気になる企業は全部まずは受けてみたい!と思っていた事もあり、他に6~7社?程応募していました。実は今回同時期に3社(うち1社は東京の企業です)に内定をいただいていました。決まらない時は全く決まらなかったのに(笑)

やはり転職には「タイミング」「めぐり合わせ」という要素もあるんでしょうね、今回強く感じました。


2019年10月・そわそわしながらもUターン準備を始めました

長年住んだ東京にも愛着はあるぜ

2019年10月・そわそわしながらもUターン準備を始めました

9月に福島県内の企業に面談に行く事もあり少し帰省、その後10月頭に再び東京に戻ってきました。Uターンするためにしなければいけなかった事は下記のような事がありましたので項目毎に分けてお話します!

  • 通勤用の車を用意
  • 入社手続きに必要な各種書類を用意
  • 試用期間中、何を持って帰るか?準備と整理


この他にも入社後に参画するPJで使用する言語・FWなどの学習にも時間を割いています!絶対やらないといけないわけではないですが、やっとかないと心配ですからね;
一日も早くエンジニアとして活躍するために出来る事は全部やりますよ~!

通勤用の車を用意

そうです!まずは車の用意、これ大前提です(笑)
地元では基本的に何をするにも何処に行くにも車移動です。

通勤もまたしかり、車がなくても通える事は通えますが、毎日の事となると徒歩での通勤はあまり現実的ではありません。Uターンを検討する人の中には「車は維持費もかかるし駐車場も確保しなければならないし負担になる」と考える方もいますが、私は逆に昔から車通勤に憧れを抱いていたタイプなのでワクワクする気持ちのほうが強いです。

フリーランスで在宅で仕事をするまでは当然ずーっと電車で通勤していたので、東京の電車から解放されるかと思うと心が軽いです(たまになら乗りたいかも(笑))雨の日だろうが、風が強い日だろうが、暑い日だろうが、寒い日だろうが、車なら関係ない!快適に通勤が出来るのでストレスフリーに!

家にも駐車スペースは十分にあり、会社も駐車場は無料で使える、維持費もそこまで負担になるとは思っていません。父の知人の車ショップの店長さんから、良さそうな車をチョイスしていただき無事車は確保できました。なので後は試用期間がはじまる2週間程前に買えり、車の運転、会社までのルート、市内での運転に慣れさせようと思います。

入社手続きに必要な各種書類を用意

転職時にはつきものの準備ですね。
企業によっても用意する書類には違いがあるため、「え?そんなの必要なの?」と思う書類があると困るので早めの準備が良いですよ!今回自分は結構ぎりぎりになってしまいましたが、何とか無事必要な書類の確保できました(笑)

当然といえば当然なのですが、今回は車通勤が前提なので「車検証」「自賠責保険書類」「任意保険書類」などの車関係の書類が必要でした。車通勤自体が初めてな事もありお恥ずかしいのですが、「なんだこれ?」と最初思いました(笑)
確認したら購入時にデフォルトでもらえるような当たり前の書類なんですね(ダッシュボードあたりに入ってそうな書類!)

後は住民税系の書類で、「普通徴収で自身で払うなら書類は必要ナシ」「特別徴収で会社が払うなら書類が必要」との事だったので、ひとまず、普通徴収で自身で支払う事にしました。書類を確認したり、用意(発行?)する余裕がちょっとなかったため。

なんにせよこれで書類は集まったので解決。

何を持って帰るか?準備と整理

実は今回は試用期間中(約3ヵ月)は東京の物件は完全に引き払う事はせず、契約している状態にしています。というのもやはり、人生の半分を過ごした東京から地元にUターンする事は自分の中でも大きなライフスタイルの変化になり、不安な部分もあるからです。

地元で働き・生活するという事、帰省で短期間ゆっくりするために戻るのはわけが違いますからね、そしてその企業で本当に良いのか?という事、仕事内容や、働く環境など含め、自分は本当にここでやっていけるのか?を確認するためにも試用期間で見極めようと思っています。

現段階で話を聞く分には正直申し分ない仕事内容でした!
自身の望む業務内容で、今回のUターン転職で最優先に考えている自身のスキルアップ・キャリアプランを実現できそうな予感がアリ、不安もありますがワクワクもしています。

なので試用期間が終わり、本決まりになった段階で完全に引き払う予定です!その期間普通にお家賃は発生してしまうけどこれはしょうがない!

まとめ

日記で実際に文字として書いてみると自分の中での整理にもなるね

Uターン日記第1回まとめ

いかがだったでしょうか?

  • 2019年9月は怒涛の転職活動&内定
  • 2019年10月はUターンするための準備期間
  • 通勤用の車を用意
  • 入社手続きに必要な各種書類を用意
  • 試用期間中、何を持って帰るか?準備と整理


「東京から福島へのUターン」と題して今回から日記の様な感じで日々綴っていこうと思います。後から自身で見た時に、「あぁ、あの時はこんな風に感じてたんだな(笑)」と転職して、Uターンして良かったなと思える日が来ることを祈り(笑)!あと実際にこうして実際に文字にしてみる事で自分の中での整理にもなって良い感じです。

自分の道は自分で切り開くしかない!他人は何もしてくれないからね!