声優の事務所って結局どこがいいの?元声優が考える最低条件

声優の事務所って結局どこがいいの?元声優が考える最低条件

こんにちわ!ぼらです!(@bora_sns)

私も当時は声優の事務所にちゃんと所属しておりました。
経験談ではありますがあくまで個人の所感でゴザル

現在でも、声優志望者の数が約30万人、実際の声優の数が約1万人、声優で食べられている人数はおよそ300人程度と言われていますね。
昔は分からないんですが、きっと爆発的に増えてるんでしょうね汗

今日は、声優になるためには恐らく大多数の方が選ぶ選択肢である「声優事務所」について自分の所感を交えてお話します。(ゆるーく見てください)

声優人口も増えておりますが、それを食い物にする事務所も増え続けています
どの事務所を選択するかでその後の声優人生が変わるレベルの大きな選択なので、調査は必ずしなければなりませんよ!

これだけは満たさないとダメ!最低条件

これだけは満たさないとダメ!最低条件

満たしていないような所は微妙な事務所多いよきっと

そりゃ誰しもが知る大手事務所に行けるならそれに越した事はありません(笑)
正確には大手でも仕事がない人は多いので、大手=安泰ではありませんが。。
それでもやっぱり大手に行けるなら行くべきです。

しかしそんな事はありえないので、この条件だけは満たしている事務所が良いというポイントをご紹介します。


それが上記に加盟している事務所です。
3つ全てに加盟してる方がもちろん良いのですが、最低どれか一つでも加盟している事が望まれます。

大体その事務所のコーポレートサイトで「会社概要」ページに記載されている事が多いです。調べましょう、すぐ調べましょう!

人の意見ですが、上記に加盟していない事務所は声優業界の中でまともに声優事務所として機能していない所が非常に多いです。よく見る事務所に関しては必ずどれか一つには加盟しているはずです。

業界内でまともに事務所としての機能をしていない

業界内でまともに事務所としての機能をしていない

機能してなかったら行く意味ないよ?金払いにいくだけ

声優事務所としてまともに機能していない事務所・志望者を食い物にする事務所では、下記の様な事がよくあります。

  • 異常に質の低い訓練で無駄に時間を浪費、安くない月謝を払い続ける
  • 事務所のHPに所属声優としてプロフィールを載せているにも拘わらずお金を取り続ける
  • 所属しても事務所としてまともな仕事が一切ない
  • 演技経験がない人が指導している(笑)
  • 数年以上仕事がなく、飼い殺される。(←これは声優全体でも言える事ですが、機能していない事務所では所属者ほぼ全員がこの状態というのはよくある事)

 

怖いですね、実際怖いよ!
さて、このような事務所に入ってしまうとどうなるのでしょうか?

仕事がない、お金は取られる、歳だけ取るの三重苦

仕事がない、お金は取られる、歳だけ取るの三重苦

周りにもかなり多かったぜ、痺れる負の連鎖

はい。ダメな事務所に捕まってしまうと

  • 仕事がない
  • お金は取られる
  • 歳だけ取る

という三重苦であっという間に身動きの取れないジリ貧になってしまいます。

ただし「マネ協、日俳連、声事協」に加盟している事務所に行けたら大丈夫なの?」という訳でももちろんありませんよ~

大手事務所には大手のメリット・デメリット、中小規模の事務所には、中小のメリット・デメリットがそれぞれ存在します。

大手のメリット
  • 仕事の絶対量が多い
  • 事務所に力があり、まとめてキャスティングも出来るのでチャンスが多い(主役には有名所、脇役・ちょい役で新人を使う)
大手のデメリット
  • 既に様々な色を持つ役者が数多くいるので、埋もれやすい
中小のメリット
  • 人数が多くない事もあり、自分の色で立場を確立できる可能性がある(埋もれない)
  • 規模が小さいと養成所と事務所側が近い。アピールしやすい(もちろん相応の努力は必要)
中小のデメリット
  • 仕事がない・少ない
  • マネージャーが1人しかいない規模ではマネージャーに気に入られないとほぼ終わり
  • チャンスがない、少ない

事務所選びは実際に入っていないと分からない部分もあるので難しいです。

ただ行けるなら断然大手が良いと思います。大手でも仕事がない人は多くいますが、それでも事務所として仕事の絶対量があるのでチャンスはあります。

大手に所属したいという方は、勿論養成所からの正攻法もよいのですが、下記の様なトリッキーな方法がオススメです(笑)

  • はじめは中小の事務所の中で所属・活躍してその後に、大手に移籍
  • 仕事で共演した声優仲間の紹介で大手に移籍

多くはありませんが、この方法で大手に移籍した知り合いも実際にいます。

自分は何がやりたいのか?事務所の特色を知ろう

事務所はどこに行っても「アニメーションや映画やナレーション」など全体的なジャンルの仕事があるのか?

そんな事はありませんよ~

事務所ごとにそれぞれ強みがあります。

  • 〇〇はアニメーションに強い
  • 〇〇は映画の吹替に強い
  • 〇〇はナレーションに強い

など

また自身の声質・演技・タイプなどを把握した上で「〇〇には自分を被るタイプで活躍人はいないな、チャンスありそう」などの分析もしてみると良いと思います。

ちなみに大手は養成所に入るオーディションでさえ倍率が高いので、普通に落ちる可能性アリです。逆に声優志望者を食い物にしているようなダメ事務所は、月謝を払ってくれる人なら基本的に誰でもいいので、落ちる事はないと思ってOKです。

養成所と事務所は違う。演技指導とマネジメント能力は別

事務所付属の養成所に養成所生として入所する事と、声優事務所に声優として所属するのは全く別物です。声優事務所に所属するまでの一般的な流れは下記となります。

  1. (声優事務所付属)養成所のオーディション
  2. 養成所のオーディション合格
  3. 養成所での訓練期間(半年~3年程度が一般的。一年毎に進級審査もあります)
  4. 養成所内で最終所属審査
  5. 合格
  6. 事務所に声優として所属(マネジメント対象)


ようやく声優として事務所に所属したのは良いのですが、

養成所として演技指導は優秀でも、事務所としてマネジメント能力が低い
養成所として演技指導は微妙でも、事務所としてマネジメント能力が高い

といった違いもあるので注意が必要です。
注意が必要と言っても正直入ってみないと分からない点があるので難しい所ですが;

仮に今の私だったら下記のように調べてみると思います。

  • その養成所から上がって事務所に所属して活躍している声優はいるのか?を調べる(ウィキペディアで事務所や声優の詳細な情報を見る)
  • 事務所のコーポレートサイトで、「新着情報」などの最近の出演情報を見る(大手は毎日更新、ダメな事務所は更新が数年前のものがあります。)
  • 気になる事務所は実際に見学・体験入学してみる(自分の肌で体験してみる)
  • ネットで調べる(明らかにダメな事務所はすぐわかるが、大手でも批判的な意見は多いのであまり参考にはならないと思いますが)

まとめ

マイク前の叫び

上手く人生渡ろうZE

どうでしたでしょうか?

事務所は実際に入ってみないと分からない部分もあるので難しい所ではありますが、最低限の条件を満たしている事務所を選択して、食い物にされることは避けましょう。

  • 最低限「日俳連」「声事協」「マネ協」に加盟している事務所
  • ダメ事務所に行くと仕事がない、お金は取られる、年だけ取るの三重苦
  • いけるならやっぱり大手(移籍もアリ)

記事は経験ではありますが、あくまで個人の所感なのでゆるーく参考程度に見てくださいね。

少しでも参考になれば幸いです。